マーガレット・アトウッド(ノーベル文学賞)は誰?どんな人?書籍も気になる!

まいど!

 

シンヤパパです!

 

今朝は寒かったです、
本当に冬が来たの?
そんな気候でした、娘も
陸上の大会があって朝早くから
出かけていきました。

 

本当は見に行きたかったんですが、
「見に来ないで」と言うので仕方なく
仕事に行きました。

 

ちょっと悲しいイクメンパパです(涙)

でも明日は休みなので、ちょっと新しい
ビジネスの為に行動をしてきます。

 

「新しいビジネス?」って娘に言われそうですが、
私も成功するかは??ですが、頑張っていこうと
思っています。

 

なんのビジネスかって?
それはまたの機会に紹介します!

 

お楽しみにしてくださいね。
え?どうでもいい?
いやいや結構面白いんですけど・・・。

 

あ、話題がそれそうなので・・ここからは
気になっている事があって今日はいてもたっても
要られませんでした。

スポンサーリンク

ベイブレードバーストじゃありませんよ(汗)
ノーベル文学賞の話です。

 

今夜、発表されるようですが・・・またしても
「村上春樹」さんが有力らしいですが・・・
今回も受賞しないでしょ!

 

毎年の恒例行事みたいな感じですからね(汗)

 

私が気にしているのは村上春樹さんではなく、
カナダの作家さんです。

 

マーガレット・アトウッド(ノーベル文学賞)は誰?
どんな人?書籍も気になる!

彼女が気になっている、カナダの女性作家さん。

 

もう77歳になられたんですね~、
彼女の作品は世界15カ国で翻訳され、
ヨーロッパなどでも数々の文学賞を受賞されてます。

 

なかなかの影響力の持ち主であり、カナダの大学で教授も
努めた事があります!
これまで60冊以上の本を出版しており、カナダを代表する
作家さん、それに夫は小説家という・・・なんとも硬そうな
家族ですね(汗)

 

子供は娘さんが一人いらっしゃいます。

代表作は1985年「侍女の物語」でカナダ総督文学賞を受賞!
1989年にも「キャッツ・アイ」もベストセラーになりました。
最近もバリバリ現役で、2017年も「フランツ・カフカ賞」と
「ドイツ出版協会平和賞」を受賞されており、
今回の「ノーベル文学賞」の最有力候補と言われてました。

 

皆さんも一度は読んだことのあると思います、とくに
「キャッツ・アイ」とか・・ちょっと独特ですが
好きな人は好きですよね?

 

「み~つめるキャッツ・アイ!」ではないですが・・
私世代はアニメを思い浮かべてしまいます。

 

私も実は、村上春樹さんが受賞するのでは?と
期待していましたが・・。
毎年恒例になりましたね(汗)

 

娘も作文が下手なので、こういった受賞作品を
読ませてあげたいです。
今のうちに買っておかないと売り切れになりそうですね。
↓        ↓       ↓

 

マーガレット・アトウッドさんのこれからの活躍が
期待されますが・・もう77歳なので無理をせずに
穏やかに過ごしてほしいです。

 

ではでは。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です